つちやファミリークリニック

03-3873-1375

つちやファミリークリニック

MENU

診療案内

Medical

一般皮膚科Dermatology

一般皮膚科の診療

一般内科の診療

皮膚の病気には、たくさんの種類があります。
誰もが、少なくとも一度や二度、なにかの皮膚トラブルに見舞われたことがあるのではないでしょうか?身近なもので言いますと、冬場の乾燥や、虫刺され、ニキビ、じんま疹、やけどなど…何となく市販の薬でやり過ごしていた方も多くいらっしゃるかと思います。でも、そのお薬は正しく使えていますか?『薬の塗り方ってこれでいいのかな?』『分量はどのくらい?』疑問に思うことがありましたら是非一度当院へお越しください。

皮膚科の病気は、命に関わることは少ないため軽視しがちですが、「皮膚は全身を映す鏡」という言葉を耳にされたことがおありかと思います。内臓をはじめとする体内の状態や血行動態、ホルモンバランス、ストレスの有無など、様々な要因が複雑に絡み合って、肌の症状として現れてくることが少なくないのです。
ですから、小さな皮膚疾患を検査しているうちに思わぬ内科的疾患が見つかるケースもあります。皮膚の異常が見られたら迷わず、どんな些細なことでも結構ですので、お早めにご相談ください。

以下によくみられる皮膚疾患について、ご紹介いたします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う、繰り返す慢性の湿疹が特徴的な皮膚疾患です。喘息のほか、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎のある家系に出やすい傾向があるのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。
治療が長引くことの多い病気ですが、ストレスの少ない、ご自分に合った治療法を探していきましょう。

じんま疹

痒みの強い、丸っぽい形をしたわずかに盛り上がったミミズ腫れが突然現れ、数分~24時間以内に自然に消えていく皮膚疾患をじんま疹と言います。

水虫

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の一種が皮膚の角層に入り込んで発症する疾患です。最もよく知られているものに「足白癬」がありますが、他の部位でも発症します。

イボ(ウイルス性疣贅(ゆうぜい))

皮膚にできた小さい傷などから、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV … ヒトパピローマウィルス)というウイルスが感染して出来ます。
イボが小さいうちに治療を進めますと、患者様への負担が少なくてすみます。

たこ・魚の目

たこや魚の目は、足の特定の場所に繰り返し圧力がかかって発症します。鑑別の難しい病気の場合もあるので、自分で対処せず、すぐご相談ください。

ヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染により、皮膚や粘膜に小水疱やびらん(ただれ)が生じる疾患です。免疫力が下がっている時にかかりやすくなります。

脂漏性皮膚炎

脂腺の多いところに生じる皮膚炎で、中高年の方がかかるとフケや痒みが出やすく憂うつな病気です。患者様のライフスタイルにあわせた治療をご提案いたします。

帯状疱疹

幼いころにかかった水ぼうそうのウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が原因です。罹患後、ウイルスは潜んでいますが、疲労やストレスなどにより免疫力が低下したとき、再活性化します。