インフルエンザ予防接種について

密を避けるためにご協力をお願い致します。
午後のインフルエンザ予防接種の受付は15:45~です。
午後はお子さんと親御さんで込み合います。
成人のかたはなるべく午前中の接種をお願いします。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。
※15:00-15:30は乳幼児の定期接種及び健診の時間帯ですので
 極力密を避けていただくようお願い致します。

インフルエンザ予防接種について

院内の密をさけるために、ご協力をお願い致します。
10/26(月)からは年齢制限はございませんが、混雑状況により11/14(土)までは
小児を優先させていただきます。
ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

10/9(金)から10/24(土)の優先対象者(台東区在住)
・満65歳以上のかた
・小学校3年生以下(3年生を含みます)の小児

問診票をお持ちの方は、記入してきて頂くとスムーズに接種できます。
1回3800円(税込み)です。
(台東区にお住いの6か月-15歳までの小児と、満65歳以上の方は助成があります)

皮膚科 診療担当医のご案内

皮膚科
AM 近藤 近藤 木村 土屋
木村
1.木村
2.木村
3.土屋
4.土屋
5.土屋
PM 木村 土屋 木村 木村
  • 入谷と浅草の担当医をご確認して頂くようお願い致します。
    ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

  • 5月11日㈪よりニキビ治療のクリアタッチは、浅草院でのみお受け頂けます。

    ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    新型コロナウイルス対策のための 患者様へのご協力のお願い

  • 37℃以上の発熱(水痘などは除外)
  • 臭いがおかしい
  • ●身体がだるい
  • 息があがる
  • 海外・関東・関西など流行地域に滞在した
  • ●コロナの患者さんと接触した
  • 上記が当てはまる方は受診前に保健所にご相談頂くことがあります。
    受付でお知らせください。
    また、台東区のホームページの『新型コロナウイルス感染症について』のページに日常生活での注意点や心がけていただきたいこと、さらに帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安が載っています。ご活用ください。
    帰国者・接触者電話相談センター
    台東区 03-3847-9402 (平日9時から17時)
    東京都 03-5320-4592 (平日17時から翌日9時、土日祝日は終日)

    ※ご相談の上、当院を受診される場合は、必ず電話連絡をお願いします。
    ※また、院内での密集を避けるため付き添いの方は最小限の人数をお願いいたします。

    感染拡大防止のためご協力、ご理解をお願いいたします。


    内科・小児科 診療体制について

    水曜日は午前・午後2診体制です。
    オンライン診療もご活用ください。
    10月からは土曜日も2診体制になります。

    オンライン診療システムのご案内

    当院では、オンライン診療システムを導入しております。

    内科、小児科、皮膚科の再診(保険診療)をオンライン診療にて受診可能です。
    皮膚科の美容カウンセリング、ドクターズコスメ購入も可能になりました。
    クリニクスのアプリをダウンロードしてご利用いただけます。
    ご不明な点がございましたら、当院までお電話にてご連絡下さい。

    皮膚科医が解説!デリケートゾーンのかゆみの原因と対策とは

    デリケートゾーンのかゆみって、外出先で発生すると人前で対処ができないので辛いですよね…。
    特に冬は厚手のタイツやガードルで下半身が温まるとムレてかゆみに繋がることも。
    今回は素敵な皮膚科の先生に、ムレからくるかゆみの対策について教えていただきました!

    続きを読む→ タマケアLab. https://bijoy.jp/interview/47

    おしどり夫婦が評判!入谷駅のつちやファミリークリニック

    知る人ぞ知るグルメの下町、入谷駅の改札を抜けると、趣のある店がポツンポツンと点在しています。元気な子どもたちの笑い声が聞こえてくる大正小学校のすぐ近くに、50年以上この土地の“かかりつけ医”として信頼を築いているクリニックが見えてくるでしょう。

    今回は、入谷に構える『つちやファミリークリニック』で、小児科と皮膚科を経営している、美女医であり、おしどり夫婦の土屋佳奈先生にインタビューしました。

    続きを読む→ Bijoy® https://bijoy.jp/interview/47

    元コギャルの皮膚科医が教える「日焼け」の怖さ


    夏のジリジリと照りつける紫外線が肌にダメージを蓄積しています。まだ若いから大丈夫と油断して、日焼け対策をおろそかにしていませんか?

    今回は、つちやファミリークリニックの美女医、土屋佳奈先生に“日焼け”の怖さや、皮膚科医だからこそ教える効果的な日焼け対策方法について取材しました。

    目次 [hide]
    1 シンプルな肌ケアのヒミツは「自分の肌に合ったもの」
    2 元コギャルの皮膚科医だから教える「日焼け」の怖さ
    3 日焼け対策には「塗る&飲む」がオススメ
    4 絆を大切にする「地域のかかりつけ医」を目指して
    4.1 土屋佳奈先生
    続きを読む→ Bijoy® https://bijoy.jp/care_stains/645