パースピレックス(医療用制汗剤)

塗ったその日から匂いが無くなる『パースピレックス』が消臭効果が5日以上とバージョンアップ!

何回か継続して塗っていくと成分が皮膚に浸透して効果が長くなり1週間以上塗らなくても匂いが継続して止まります。

汗そのものを抑え、わきがの匂いを消す

『パースピレックス コンフォート』

    パースピレックス コンフォート
  • 脇汗用ロールオンタイプ(塩化アルミニウム10.27%配合)
    3,500円(税抜)
  • 手足汗用ローションタイプ(塩化アルミニウム25%配合)
    4,000円(税抜)
新しい『パースピレックス コンフォート』

■持続効果が5日以上とアップ!
持続時間が以前よりも長くなり、消臭効果が5日以上(120時間以上)とバージョンアップした最新商品です。
たった、ひと塗りだけで長時間にわたり効果が持続します。
以前のデトランスαだと3日以上だったのがそれ以上の持続力。

■副作用の低減
成分である塩化アルミニウムは塗った後、敏感肌の方は皮膚にヒリヒリ感、かゆみを起こしてしまう事がありました。
新しい『パースピレックスロールオンコンフォート』は、乳酸アルミニウムから乳酸カルシウムにへ変更し、かゆみを抑え、また敏感肌用として肌に優しい制汗剤になりました。


汗腺の深部に「フタ」をして、発汗を、“塗るだけ”で抑制

パースピレックスは塗るタイプの制汗剤(医薬品)です。 汗を抑制したい部位に塗布すると、主成分の塩化アルミニウムが汗腺深部に角栓を形成。汗腺に「フタ」をして、汗の分泌を物理的に抑制します。
ワキはもちろん、手のひらや足の裏にもお使いいただけます。
ローションタイプは、塩化アルミニウムの配合濃度が高いためワキには使用いただけません。

効果は3~5日持続

市販の制汗剤は、汗や服との摩擦ですぐにとれてしまい、効果は長くても一日。パースピレックスの制汗効果は、角栓がターンオーバーで排出されるまでの間(3~5日間)、持続します。手を洗ったり、お風呂に入っても効果が長続き。塗り直しの手間が必要ないため、
仕事やスポーツなどに安心して集中いただけます。

  • pp01
  • 就寝前に、汗を抑えたい部位にパースピレックスを塗布。
    ※夜間は汗腺の活動が低下し、パースピレックスによる角栓が作り易くなります。そのため、就寝前の塗布が効果的です。
  • pp01
  • パースピレックスを塗布した部位を、完全に乾かしてから着衣してください。
    ※ 手の平の制汗目的以外でローションタイプを塗布した場合は塗布後、手をよく洗ってください。
  • pp01
  • 翌朝、塗布部位を汗取りシートや濡れたタオルなどで拭いてください。塗り直しの必要はありません。
  • pp01
  • 効果が出るまで1週間程度、毎晩塗布してください。効果が出始めてからは、週2~3回の塗布でOKです。
    敏感肌の方は1日おきに2週間、塗布してください。